ハーブティーとは

最近はハーブティーを楽しむ人が増えています。ハーブティーは良い香りがして、独特の味があり、飲むと癒されるという人が多いのではないでしょうか。この頃では色々な種類のハーブティーがティーパックで市販されていて、手軽に手に入るようになりました。 ハーブティーは一体、どうやってできているかというと、様々なハーブを乾燥させて、それをお湯で煮出して作られています。ハーブティーに入れるハーブは1種類だけではなく、色々なハーブを組み合わせることが可能で、それによって色々な香りや味を楽しめることができます。

それだけではなく、ハーブには漢方と同じように様々な効能があり、健康食品の1つでもあります。ですから、体調に合わせてハーブティーを選ぶようにすれば、薬の代わりにすることもできます。ハーブティー専門店では、ハーブの効能を紹介したり、症状に合わせてハーブティーをブレンドしてくれるところもあります。

ハーブティーは、最近ではスーパーなどでも販売されていますが、自分でハーブを育てて、それをお茶にすることも可能です。ハーブは意外と簡単に栽培でき、お茶にするだけではなく、お料理やお菓子作りにも利用できてとても人気です。しかし、ハーブは種類が多く、どのハーブティーを飲めば良いか迷っている人も多いようです。そこで、当サイトでは、自分にぴったりのハーブを見つけるために、ハーブの選び方についてお話しさせて頂きます。是非、参考にしてください。